--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-17

べるぜバブについて(*^△^*) 第2弾

どうもHOPEです\(^_^)/ 今日は「べるぜバブについて(*^△^*) 第2弾」を書きたいと思います(*^△^*)
テレビアニメ
2011年1月9日より、読売テレビ制作、日本テレビ系列(NNS)29局で毎週日曜7時00分より放送中。
少年ジャンプ原作のアニメが読売テレビ発・日本テレビ系全国ネットで放送されるのは、北条司原作の『シティーハンター '91』以来、20年ぶりである
スタッフ
原作 - 田村隆平(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
チーフプロデューサー - 大熊保幸(読売テレビ)、早川英(電通)、本間道幸
プロデューサー - 永井幸治(読売テレビ)、古川慎(電通)
シリーズ構成 - 横谷昌宏
キャラクターデザイン - 吉岡毅
総作画監督 - 番由紀子、石川健介
美術監督 - 東潤一
色彩設計 - 甲斐けいこ、小野寺笑子
撮影監督 - 松本敦穂
編集 - 瀬山武司
音響監督 - 高橋剛
音楽 - 高梨康治、藤澤健至
アニメーションプロデューサー - 清水修
監督 - 高本宣弘
効果 - 今野康之、岩谷弘毅
プロップデザイン - 岩永悦宜
アニメーション制作 - studioぴえろ+
制作 - べるぜバブ製作委員会(読売テレビ、集英社、電通、ぴえろ)
主題歌
オープニングテーマ「だだだ」
作詞 - 宮藤官九郎 / 作曲 - 富澤タク / 歌 - グループ魂
エンディングテーマ「Answer」
作詞 - 秋元康 / 作曲・編曲 - 伊藤心太郎 / 歌 - ノースリーブス
各話リスト
第1話:魔王拾いました
第2話:子連れ番長はじめました
第3話:強くて凶暴なヤローいませんか?
第4話:魔王のおもらし 決壊1秒前ですが
第5話:金で買えないものはありません
第6話-A:魔界のおもちゃ届きました
第6話-B:お医者さんごっこしました
放送局
           放送局                  放送期間           放送日時
読売テレビ・日本テレビ系列(NNS)29局  2011年1月9日 -  日曜 7時00分 - 7時30分
その他
番組開始当初の提供アナウンスは読売テレビ全国ネット枠では珍しく、キャラクター(厳密に言えばキャラクターを演じている声優)によるものでは無かった。しかし第5話以降は、キャラクターが提供アナウンスを行うようになった。
週刊少年ジャンプ原作作品のアニメとしては珍しく、序盤からアニメオリジナルの場面を挿入したり、原作の場面を部分的に入れ替える演出が多い。
第1話の本放送時に、ED中に提供クレジットが表示されるという放送事故が起こった。
そのほか詳しいことは読売テレビ「べるぜバブ 公式サイト」まで(*^△^*)
アドレス:http://www.ytv.co.jp/beelze/   (wikipedia参照)
じゃあ今日はここまで(*^△^*) see you againヾ(^v^)k
スポンサーサイト
2011-02-15

べるぜバブについて(*^△^*) 第1弾

こんばんはHOPEです\(^_^)/ 今日はべるぜバブについて書きたいと思います(*^△^*)
キャラクター紹介

声 - 小西克幸
年齢:15才 身長:179cm 誕生日:8月31日 好きなもの:コロッケ、土下座 嫌いなもの:長い話
本作の主人公の一人。石矢魔高校の1年生。周囲のヤンキーからは「アバレオーガ」(アニメ版では堅中のアバレオーガ)と呼ばれている(男鹿のアダ名はすべて古市作。堅中のモデルは大津市立堅田中学校[要出典])。
本人は「心優しい若者」を自称しているが、その形相は悪魔そのものである。性格は天然で鈍く、ドSなひねくれ者で一度刃向かった者に対しては徹底的に叩きのめした上で土下座させる。中学の時その目つきの悪さから先輩達にからまれ続け全て返り討ちにした(ただし女性に対しては決して本気で手を上げない)。テレビゲームが好きで、よくドラゴンクエストシリーズに絡めた台詞を発する。「寒波」「おやじ」などのシュールな文字入りTシャツを好んで着る。
目的のためにストレートかつ短絡的に即行動に移すため、空気も読まず結果的に東邦神姫を討伐したり、葵に紛らわしい事を言ったりしている。また、決定事項には妙に律儀で、聖石矢魔学園の退学やバレーボールの練習には積極的ではないが初回から参加している。
ひょんなことからベルゼバブを拾い、不本意ながら育て親となる。気づかぬ内に正式契約が成立し、ベルゼバブと15m以上離れることができなくなった。そのため普段は学校でもベルゼバブを背負っており、ガラガラを武器に戦ったこともある。ベルゼバブが泣く度に電撃(バチバチ)を受ける生活から抜け出すために、自分より凶悪な者にベルゼバブを押し付けようとしている。また親としての資格を無くすために非暴力の「約束」を誓うものの、度々正当防衛などを理由に反故にしている。ベルゼバブに対してはぞんざいな態度をとることも多いが、なんだかんだ言いながら親として面倒を見ており、ベルゼバブの弱点克服に付き合ったり、克服したら一緒に喜んで感動したりと仲良くやっている。ベルゼバブが東条の背におぶさっている姿を見たときは激しく動揺し、支離滅裂な言葉を口走りながら川に向かって突進した。
ちなみに、連載初回における開口一番の台詞は「全員 土下座」。
必殺技はこれといって無い(と言っても常の一撃一撃が必殺技並の威力と思われる)が一応「減り込みパンチ」「減り込みキック」「ぶっとべアッパー」「くたばれヘッドバッド」がある。 蠅王紋を発動した時は拳にバチバチを纏い相手にパンチとともに炸裂させる「魔王の咆吼(ゼブルブラスト)」という技を使う。その威力は8mmのセラミック板を容易に割り、ビルの天井が吹っ飛ぶほど。ちなみにこのとき、男鹿は常人なら死んでもおかしくないくらいの魔力を注ぎ込まれた。

声 - 藤村歩 / 沢城みゆき
本作の主人公の一人。ほんの赤ん坊であるが、魔界の次期魔王。いつも全裸。大魔王の気まぐれから人間界に送り込まれ初めて出会った人間、つまり男鹿に懐いている。しかしアランドロン曰く、「男鹿より凶悪な人間がいれば、その人間に懐く」らしい。男鹿から「ベル坊」と呼ばれている。泣き出したり癇癪を起こしたりすると電撃を放ち、あまりに大泣きした場合は大魔王か男鹿でなければ手がつけられなくなる。また親である男鹿が15メートル以上離れると即死レベルの電撃を放つ(東条との戦いが終わった後、離れても平気な距離が8cm延びた)。男鹿を触媒として絶大な魔力を放つことができるが、男鹿と接触していなければかんしゃく以外では魔力を使えず、力は並の人間以下になってしまう。しかし一時、王熱病にかかったこともある。おもらしは周囲を洪水状態にするほどすさまじい。虫が苦手で死にかけの蝉に泣かされ、男鹿と特訓して、勝てるようになった。夏休み最終間近で魔界に里帰りしたとき、魔力を開放し巨大化してベツ人28号(鉄人28号のパロディ。命名は男鹿)になってヴラドの主と戦って勝利した。
名前の元ネタは異教神ベルゼブブ

声 - 植田佳奈 / 伊藤静
本作のヒロインの一人。ベルゼバブの侍女悪魔。ゴスロリ服を着ている金髪の巨乳美女。大魔王から「ベルゼバブを適当に人間に育てさせながら人間界を滅ぼせ」と命じられ、アランドロンと共に人間界にやってきた。男鹿の家族に初対面で三つ指をついて挨拶したことから「辰巳が妊娠させたマカオ人(「魔界」の聞き間違い)の彼女」と誤解されたが、何故かそのことは気にしておらず、そのまま居候している。性格はかなりキツく、男鹿と張れるほどのドSでベルゼバブ以外の人間には常に高圧的な態度を取る。当初はベルゼバブが男鹿に懐いたことを受け入れず、隙あらば男鹿を殺そうとしていた。現在は男鹿の強さを認めており、育ての親として足りないものが多すぎると指摘しつつも、もっと相応しい相手に出逢うまでは男鹿に親としての自覚を促している。ベルゼバブに対しては、義務というより保護者として忠誠を誓っている。石矢魔の生徒からは「男鹿の嫁」と勘違いされており、「オガヨメ」と呼ばれている。手に持つ日傘に仕込まれた剣を武器にする。怪鳥「アクババ」を従える。
聖石矢魔学園編以降は、男鹿の従妹で名門私立校出身という設定で聖石矢魔学園に転入する。

声 - 近藤孝行 / 水島大宙
年齢:15才 身長:175cm 誕生日:11月11日 好きなもの:可愛い女子、綺麗な女子、とにかく女子 嫌いなもの:長い話
男鹿の親友。石矢魔高校の1年生。男鹿とは小学生の頃からの幼馴染で、常日頃彼に振り回されている。ベルゼバブの素性を知る数少ない人間の一人。ルックスが良いらしく、女好きのフェミニストでもある。彼女ができても男鹿が原因ですぐに別れる事が多い。男鹿と違って喧嘩は強くないが、策を練るのが得意な頭脳派で、アランドロンに軍師として扱われている。男鹿が名を上げるにしたがって周囲から一目置かれる様になり、男鹿に唯一つっこみを入れられる男「知将古市」と名が広がっている。登場人物中での一番の常識人。最近アランドロンが古市の家族に三つ指をついて挨拶したため、家族の間にホモ疑惑が上がっているのが悩みの種。ほのかという妹がいる。

声 - 豊崎愛生
年齢:17才 身長:165cm 誕生日:5月15日 好きなもの:木刀、歴史小説 嫌いなもの:卑怯者
本作のヒロインの一人。石矢魔高校2年。「東邦神姫」の1人で紅一点で、関東最強レディース「烈怒帝瑠(レッドテイル)」の3代目総番でもある和風美人。石矢魔では“女王(クイーン)”と呼ばれ恐れられているものの、実は神社の娘で歳の離れた弟の面倒を見るなど面倒見の良い一面がある。普段学校で女生徒をまとめ上げている姿とのギャップを周囲に知られないよう、子守のときは眼鏡をかけて髪を結び変装している。
他の「東邦神姫」とは異なり校内の秩序を守り無益な戦いは避けることで人望が厚い。しかし実際は自身も校内の器物(主に窓ガラス)を破損するなど、その場の気分で好き勝手やっている。僅か1年で石矢魔高校の女子を纏め上げたカリスマ。木刀を用いて戦い、定規で竹光を叩き斬るほどの剣の使い手。また、古市と並ぶ常識人でもある。
神崎、姫川を撃破した男鹿を石矢魔の敵と見なして成敗を試みるが、攻撃をすべてかわされた上、葵の強さを目の当たりにした男鹿が彼女にベルゼバブを押し付けよう頼んだときの言葉が非常にプロポーズと紛らわしかったため、男鹿に好意を寄せるようになる。男鹿から葵の話を聞いたヒルダに「親の資質があるかどうか見極める」と対決を強いられ、「男鹿には及ばない」と判断された。その後美破の陰謀に嵌められ男鹿を攻撃するが、駆けつけた寧々から真実を知り自ら敗北を認める。
ヒルダの素性を問われた男鹿が「悪魔」と答えたことから、寧々共々ヒルダを「男鹿に子供を押しつけて世話させる悪魔のような女」と思い込んでいる。「文句があるなら腕をみがいて出直してくるんだな」というヒルダの挑戦を受け、一から修行し直すことを決意し、ヒルダには強い対抗意識を抱いている。自らの誤解で騒動を招いたけじめとして「レッドテイル」総長の座を寧々に託した。しかし一度築いた人望は厚いようで、たびたび彼女らを率いて男鹿に助太刀している。
男鹿に好意を寄せるようになってからはさりげなく(?)一緒に登下校をしようと機会を窺ったり、男鹿と2人で不良たちの鎮圧役を任されたときは密かにガッツポーズを取ったりと年頃の乙女な一面も。いわゆるツンデレなのだが、その好意は周囲から見れば分かり易い。千秋と寧々にはすぐに看破され、美破にはそれを陰謀のタネにされ(「愛する人と戦う苦しみ」を味わわせるというもの)、職員室への同行を求めて「ちょっと付き合って」と言っただけでクラス中から囃したてられたりしている。六騎聖とのバレーボールの時はヒルダのジャンプサーブを返しリベロでキャプテンに任命される。
男鹿と初めて出会ったのは子守のための変装姿のときだったが、彼は邦枝の正体に気がついていない。高ヶ嶺の魔二津で偶然出会った際、子育て仲間として親しげに接してくる男鹿の態度に驚き、正体を明かすことを躊躇。「青井くにえ」と名前をごまかした。

声 - 小野大輔(JSAT'10・VOMIC第2弾) / 岸尾だいすけ(テレビアニメ)
年齢:18才 身長:181cm 誕生日:8月2日
石矢魔高校3年。ロン毛。ドラッグストアでバイトをしている。神崎の片腕だったが彼が男鹿に倒されてからは男鹿に興味を持ち、入院中の神崎や姫川に発破を掛けたり男鹿に石矢魔の事情を伝えたりしている。男鹿のことを「男鹿ちゃん」と呼んでいる。自分が興味を持っているものの邪魔をする人間に対しては徹底的に制裁を加える冷徹な一面を持つ。反面、自分に興味を持っているものに味方する人間に対しては協力的。本気はキャラじゃないと言っている。蹴り技を得意とし、その実力は神崎を軽く上回るどころか相沢や陣野をも凌ぐ。城山と神崎の仇討ちのために石矢魔対六騎聖の戦いに参加。最初に攻撃を仕掛けてきた郷の相手を引き受ける。

声 - 関智一
年齢:18才 身長:188cm 誕生日:8月6日
石矢魔高校3年。「東邦神姫」の1人。サンダルを常用。
強者と喧嘩をすることを何よりの楽しみにしている石矢魔最強の男で、天性のファイター。しかし、当人は石矢魔統一には興味がないため、男鹿が東邦神姫を倒すまでその事実はあまり知られていなかった。喧嘩好きであるが基本的に「いい人」で小動物のような可愛いものに目が無く、生き物をなんでもかんでも拾って飼おうとしたり、マスコットパジャマを愛用している。その一方では通学よりバイトを優先させたりバイト先の備品を盗んだり、適当な発言で騒動の種を蒔いたりと、いささか常識の欠けた大雑把でいい加減な性格でもある。教科書を見てもさっぱりらしく、学業は芳しくない模様。
人間的な器も大きい人物であるが、いざ喧嘩となると話は別で、放つ殺気は周囲の動物がざわつきだし(その場にいた魔族達も少し驚いていた模様)、力任せの戦いぶりは男鹿をして猛獣と言わしめるほど。その戦闘力は常人を遥かに超えている(実際に蠅王紋を発動していないとはいえ本気の力の男鹿と喧嘩した上に、バックドロップを脳天直撃で食らっても少し休息すれば複数の人間を背負って病院へ連れて行くことができるほどである)。男鹿との一戦があって以来一段と強くなっている。三木の一撃を喰らっても全くダメージを受けていない様で「痛ぇじゃねぇか」の一言で済ませるほどで出馬も驚いていた。
幼少時代は吹きだまりの街で育った孤児[1]で、そこで出会った男性から生きていく術として喧嘩を習った。右肩に蠅王紋を模った刺青を入れているが、これはその男性を真似て自ら彫ったもの。蠅王紋を「最強の証」と考えていたが、ベルゼバブとのリンクを切って(=蠅王紋を消して)さらに強さを増した男鹿を見て「オレとは違う、本物だ」と感じ、石矢魔最強の座を明け渡した。

声 - 杉田智和
年齢:18才 身長:178cm 誕生日:6月1日
石矢魔高校3年。「東邦神姫」の1人。些細な失敗でも容赦なく制裁を加える、東邦神姫で最も凶暴な男。石矢魔統一に最も近いと言われていたが、これはヤクザの家系だった影響と東条、邦枝の2人がトップ争いに興味が薄かったためである。非情で身勝手な性格のように思われるが、自分の舎弟やプライドを傷つけた者は決して許さない。また、彼の再起には、姫川や元舎弟の夏目が喜びを見せるなど、一種のカリスマはあるらしい。
ベルゼバブに親を選び直させるため舎弟になろうとした男鹿に、テストとして城山と戦わせた。だが負けた城山に見せしめとして窓から飛び降りるよう命令した神崎を見て「小物」と判断した男鹿に一撃でぶっ飛ばされ、校舎から転落。全治1ヶ月の重傷を負う。男鹿にやられた後に大した実力はないと言われたが、大柄の城山の頭に踵落としし、殆どを男鹿が倒したとは言え、乱戦で2人を無傷で倒しているので全く弱い訳ではない(ただし男鹿や邦枝らに比べると格段に劣る)上、男鹿の場合を除いて、彼は基本的に敗北後も短時間で再起するタフさもある。姫川とは特に仲が悪く、同じ病室で入院していて喧嘩ばかりしていたが、退院後、東条討伐を目的に、姫川、男鹿とタッグを組む。
城山がやられた時、1年の教室にバットを持って奇襲をするが、三木にやられ、その後三木に不意打ちをするが、男鹿に殴られ、またしても気絶してしまう。
好物は「ヨーグルッチ」(ヨーグルッペのパロディ)。曰く「たまにムショーに飲みたくなる」とのこと。

声 - 荻野晴朗
年齢:18才 身長:182cm 誕生日:4月17日
石矢魔高校3年。「東邦神姫」の1人。リーゼント頭とサングラスが特徴。髪を下ろし、サングラスをはずした素顔は相当のイケメンであり、誰かわからなくなるほど変化が激しい。
姫川グループの御曹司で、30階建てマンションの25階から上の階の部屋全てを借家として1人で暮らしている。金の力に幅を利かせてどんなものも自分の思い通りにしようとし、情報収集力と不良然とした外見に似合わぬ交渉力を持った、東邦神姫の頭脳派。基本戦法は敵が一人になったところを集団でリンチするなどの騙し討ちや武器や防具を隠し持つ卑怯な手段。だが、最近では義理堅い一面が出始めている。男鹿に対しヒルダと古市を人質に取るなど卑怯な戦法で挑むがまったく通じず、男鹿とベルゼバブのタッグの前に敗れる。神崎とは特に仲が悪く、同じ病室で入院していて喧嘩ばかりしていたが、退院後、東条討伐を目的に、神崎、男鹿とタッグを組む。自身の喧嘩の実力は神崎と同じ程度だが、鉄板で武装したり電撃棒等を武器に使って戦う。石矢魔対六騎聖の戦いでは丸腰の邦枝を庇って榊を相手取る。その後の六騎聖とのバレーボール対決では、「七人目の選手」であるベルゼバブを利用したかく乱作戦を考案し、石矢魔の反撃のきっかけを作る。

声 - 高木渉
ベルゼバブが人間界へ移動する際に使った次元転送悪魔。外見は暑苦しい身体にトランクス一丁というただの「オッサン」。身体が真ん中から2つに分かれるようになっている。川を流れていたところ、大勢の人間(男鹿に喧嘩を仕掛けた不良達)を土下座させながら笑っていた男鹿をみて、その凶暴性を感じてベルゼバブを託したらしい。作中では『ドラえもん』の「どこでもドア」の如く、登場人物を別の場所へワープする手段として登場することが多い。
自分の拠点を古市の家にし、彼を「軍師」として騒動に巻き込む。一度に複数の存在を転送できるため、次元転送悪魔の中では特に優秀な分類に含まれる。しかし男鹿たちを誤って魔界に転送してしまったときはさすがに限界を超えたらしく、瀕死の重傷を負った。次元転送悪魔は死期を悟ると姿を消す習性があり、行方を眩ませていたが、その後無事復活。再び古市の家で暮らしている。
聖石矢魔学園編以降は、聖石矢魔学園の1年6組に転入する。
名前の元ネタはアラン・ドロン

声 - 高橋広樹
現在の魔界の王。本名はカイゼル・デ・エンペラーナ・ベルゼバブ3世。長髪。かなり適当な性格で「なんか増えすぎてウザい」という理由で人間を滅ぼそうとしている。しかし本人曰く「超多忙」(ゲーマー)なので、息子の一人であるベルゼバブを人間界に行かせた。
ちなみに第1話では『ぷよぷよ』をやっていた(アニメでは携帯ゲーム機をプレイしていた)。読みきりでは皆でカラオケ(マイクを持つときは小指を立てている)。(wikipedia参照)
今日はここまで!see you again(*^△^*)
2011-02-13

「バクマン。」について(^_^) 第3弾

こんにちはHOPEです\(^_^)/ バクマン。について昨日の夜中に書くつもりでしたが寝てしまって書けませんでした(^.^)ご(-.-)め(__)ん(-。-)ね(^.^) なので今からバクマン。について書きます(*^△^*)
各話リスト
第1話 夢と現実:何となく毎日を過ごしていた中学生・真城最高は、ある日、同じクラスの秀才・高木秋人から「俺と組んでマンガ家になってくれ!」と声をかけられる。だが、3年前、プロのマンガ家だった大好きな叔父の死を目の当たりにし、マンガ家になる夢を捨てていた最高はそれを断ってしまう。
しかしその夜、秋人に呼び出された最高は、あこがれの美少女・亜豆美保の家を訪ねる。そこで秋人の告白に亜豆が出した驚きの「答え」に舞い上がった最高は、亜豆に「2人のマンガがアニメ化されたら結婚してほしい」と申し込んでしまう!!
第2話 馬鹿と利口:亜豆と約束した夢を叶えるべく、マンガ家になることを決意した最高。しかし、プロのマンガ家だった叔父・信弘(川口たろう)を3年前に過労で亡くした家族を説得しなければならなかった。
予想通り、母親からは猛反対されるが、当然反対だと思っていた父親から出た回答は…!?
そして、祖父にもマンガ家になると伝えた最高は、祖父から叔父が使っていた思いがけぬものを譲り受ける!
第3話 親と子:秋人と2人、叔父・信弘の仕事場に入った最高。その部屋は、生前そのままに残されていた。
叔父が描いた「ネーム」を秋人に見せた最高は、その膨大な量のネームを前に、叔父の死に対する自分の思い込みが間違っていたことに気づく。
さらに、仕事場の隅に残された手紙の束を読んだ最高は、叔父の「文通だけの恋」の相手の正体を知って驚愕し、秋人と2人で女性の家を訪ねる…。
第4話 時と鍵:マンガ家になるため、さっそくGペンで描く練習を始めた最高。試験勉強もせずに練習していたと聞いて心配する秋人に、最高は、昔叔父から聞いた「天才じゃない人間がマンガ家になるための3大条件」を話す。感銘を受けた秋人も、自分のマンガ原作を作り出すための研究を始めるのだった。
そんなある日、審査員の絶賛を受けた「手塚賞」準入選作品の作者・新妻エイジが「15歳」だと知った2人は、同世代の天才の存在に衝撃を受ける…。
第5話 夏とネーム:最初のマンガ「ふたつの地球」を夏休み中に仕上げて、編集部に持ち込むという目標を立てた最高と秋人。
そんなある日、自分から亜豆の情報を聞き出した理由を見吉に問いただされた秋人は、深く考えず「見吉と話したかったから」と言ってしまう。
作品に集中するため、夏休み中は仕事場にこもると決めた最高。秋人も泊まり込みにやってきた。だが、秋人のネームが予想外に難航し…。
第6話 アメとムチ:「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。
服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自分が見ていきたい」と連絡先を教えてもらうことになる。
そんな中、2学期が始まり、最高と秋人のクラスでは席替えが行われることに。最高と隣の席になったのは…。
第7話 涙と涙:亜豆と席が隣どうしになった最高は、幸せな毎日を過ごしていた。
ある時、最高が約束を破る質問をしてしまい、授業中に亜豆を泣かせてしまう。ところが、泣きながらもメールアドレスを教えてくれた亜豆の考えが理解できず、悩む最高。
「ふたつの地球」が月例賞の最終候補に残らなかったことを服部から聞いた最高と秋人は、手塚賞を目指し再び始動する。
そのころ、天才と称される新妻エイジが、上京の準備を始めていた…。
第8話 不安と期待:手塚賞に向けて、最高と秋人は「一億分の」という作品にとりかかる。
寝る間も惜しみながら描き上げた原稿だったが、最終候補には残ったものの、手塚賞は受賞できなかった。
服部からは次の目標として、増刊号「NEXT!」への掲載を告げられ、めげる間もなく最高、秋人は次の作品を練り始める。
ある時、手塚賞の結果が掲載された誌面を見た石沢が最高の絵を批判し、それを聞いてカッとなった秋人は石沢を殴ってしまう!
第9話 後悔と納得:同級生を殴った秋人は、1週間の自宅謹慎処分となった。
「謹慎中ネームに集中できる」と前向きな秋人に対し、自分の実力不足に苛まれていた最高だったが、二三男から「漢の痩せ我マン」の話を聞き、元気を取り戻す。
最高が謹慎中の秋人の家を訪ねると、なぜか見吉と岩瀬にはち合わせ。見吉、岩瀬から意に反する二股疑惑をかけられ責められる秋人だったが、二人に向けて放った一言が最高の胸に刺さる!
第10話 10と2:最高と自宅謹慎が明けた秋人は、服部の元を訪ね、「一億分の」の反省会をすることに。
そこで「王道の主人公」を中心にした作品の提案を受けた2人は、後日、服部にそのネームを見せる。
ところが、それを読んだ服部からは「全然面白くない」と告げられてしまう!
2人の魅力は「邪道」であると判断した服部は、2人に「アンケートシステム」を紹介し、「この世は金と知恵」という作品に取り掛かる・・・
第11話 チョコとNEXT!:「NEXT!」への掲載を目指し、「この世は金と知恵」のネーム作りに悩む最高と秋人。
高校入試のシーズンに突入しても2人の生活はネーム作成中心だったが、無事、見吉と共に谷草北高校へ合格する。
合格発表のその日、服部からネームのOKが出た「この世は金と知恵」は、「NEXT!」掲載作品の選考へまわすことになる。結果発表は2週間後・・・。
そんな中亜豆から最高に贈り物が届く。その中身は・・・!?
そして2週間後、服部からは「NEXT!」選考結果が2人に伝えられる・・・
第12話 御馳走と卒業:「NEXT!」への掲載が決まった最高と秋人は、編集部慣例のお祝いとして、服部に焼肉を食べに連れて行ってもらう。その帰り道、服部の厚情に報いるべく益々エイジへのライバル心をたぎらせる二人。
卒業式を間近に控える中、最高は秋人と見吉から、亜豆が八王子に引っ越すことを告げられる。
「会うのは夢が叶ってから」と頑なな態度をとるが、最高も動揺を隠せない・・・
卒業式当日、意を決した最高は帰り道、亜豆の家へと走る!!
第13話 速報と本ちゃん:締切りを3日後に控え、忙しい日々を送る最高と秋人だったが、無事に原稿を服部へ届けた夜、見吉の計らいで、最高は初めて亜豆にメールを送ることに!
谷草北高校の入学式を終え、ペンネームを「亜城木夢叶」と決めた最高・秋人・見吉。
服部から「NEXT!」の見本誌が刷り上がったと連絡が入り、最高、秋人は取りに編集部へ向かう。見本誌を手にした2人の目に飛び込んだものは「新妻エイジ」の文字だった!そして服部からは「速報」と「本ちゃん」のアンケートシステムについて説明を受ける・・・
引き続き、連載への望みを信じ連載用ネームへ取りかかる中、「NEXT!」が発売され「この世は金と知恵」の速報結果が2人に知らされる!!
第14話 バトルと模写:新妻エイジに勝つため、王道バトルマンガのネームに取り掛かる最高と秋人。一方、エイジは「YELLOW HIT」で本誌連載が決まり、準備に入っていた・・・はずだったが、何と「CROW」の原稿を描いていた!
「CROW」で連載したいと言うエイジを連れ、雄二郎は編集長と相談すべく編集部へ向かうことに。そこで服部と打ち合わせ中の最高・秋人はエイジとの邂逅を果たすことになる!!
圧倒的な才能を目の当たりにした最高と秋人は、さらに触発され、服部に王道バトルマンガで勝負したいと懇願する。その熱意に対して服部が下した判断は・・・!?
第15話 デビューと焦り:服部から王道バトルマンガについての指南を受けた最高と秋人。エイジに勝つため、さらなる作品作りへ踏み出してゆく。
一方、亜豆は養成所に通いながら、オーディションを受けては落選する日々を送っていた。
ある日、「聖ビジュアル女学院」というアニメ番組のオーディションの話が来るが、新人で歌唱力もあったほうがよいという条件に悩んでしまう亜豆。
見吉から最高たちの頑張りを聞き、意を決した亜豆は「聖ビジュアル女学院」のオーディションを受ける! その結果は!?
第16話 壁とキス:亜豆が「聖ビジュアル女学院」のオーディションに合格したと知る最高と秋人。2人は「金未来杯」へのエントリーをめざして「エンジェルデイズ」を仕上げたものの、なんと落選!ショックを受けた2人だが、服部から選考理由を聞いて気を取り直し、さらに「聖ビジュアル女学院」に出演した亜豆を見て刺激を受ける。一方、最高、秋人、亜豆に触発された見吉は、携帯小説家を目指すと言いだして…。
次作のネーム作りに悩む秋人。そんなとき、最高に「エイジのアシスタントに入らないか」という連絡が。「悩む秋人のためにエイジの仕事ぶりから何か盗みたい」、そう考えた最高はアシスタントに行くことを決意する!!
第17話 天狗と親切:アシスタントとしてエイジの仕事場を訪ねた最高は、手塚賞2回入賞の実績を持つ福田と、ベテランの中井の2人に出迎えられる。エイジに「何故ここにいるのか?」と聞かれるが、正直な気持ちを話した最高を歓迎するエイジ。「CROW」第2話のアンケート順位が4位に落ちてしまったことをきっかけに、急きょ第5話の修正を手伝うことになった最高たち。
福田の意見を素直に取り入れ、自分のものとしていくエイジの圧倒的な能力を目の当たりにしながらも最高は秋人のために何かをつかんで帰ろうと、決意を新たにする!
第18話 嫉妬と愛:エイジが小学生のころ描き貯めたマンガから新キャラクターアイデアを用いる姿を目にして、ついにヒントを得た最高。エイジのアシスタントを辞め、自分が小学生のころに描いたマンガのノートを探し始める!
一方、秋人は見吉の携帯小説を手伝いながらも、満足がいくネームが書けず悩んでいた。
いつも見吉と一緒にいるためにネームの進行が遅れているのではと疑心暗鬼になった最高は、ある決意をする…
第19話 2人と1人:夏休み中にネームを仕上げる約束を守れなかった秋人に、「1人でマンガを描く」とコンビ解消を告げる最高。言い返せない秋人は納得し、最高は1人で服部のもとを訪ねる。
事情を把握した服部は、最高と秋人が偶然にも同じテーマで別々にマンガを描こうとしていると気付き、ある計画を考えて秋人を呼び出すのだった。
それから1か月がたったある日、秋人のネームを見た最高は、秋人が同じ推理ものを描こうとしていることと、服部の計画を知ることに…。これまでに秋人の存在の大きさを痛感していた最高は…。
第20話 協力と条件:まだ放送していません
第21話 文学と音楽:まだ放送していません
第22話 団結と決裂:まだ放送していません
第23話 火曜と金曜:まだ放送していません
放送局
放送地域    放送局       放送期間            放送日時
日本全域 NHK教育テレビ 2010年10月2日 -  土曜 18時00分 - 18時25分
あらすじ
つまらない未来、生きることは面倒くさい──と、何となく毎日を過ごしていた中学生・真城最高は、ある日、同じクラスで学年トップの秀才・高木秋人から声をかけられる。ずっとマンガ家になるのが夢だった、文才がある自分と高い画力を持つ最高が組めば夢を実現できる、と熱く語る秋人。
最高は、だが、それをあっさり断る。3年前、プロのマンガ家だった大好きな叔父の死を目の当たりにした最高は、そのときから叔父のようなマンガ家になる夢を捨てていたのだ。 しかしその夜、秋人の電話を受けた最高は、あこがれの美少女・亜豆美保の家を訪ねる。そこで秋人のとんでもない「告白」と、それにとんでもない「答え」をした亜豆を見て、完全に舞い上がった最高は、亜豆に「二人のマンガがアニメ化されたら」結婚してほしいと申し込んでしまう!!
亜豆との約束を果たすため、秋人とともにプロのマンガ家への険しい道を歩む決意をした最高。まったくの素人だった二人が、マンガの創作から編集部への持ち込み、そして連載をめざし、熱い情熱だけを糧に青春のすべてをマンガに賭ける!
最高と秋人はプロのマンガ家となり、連載ができるのか? そして最高と亜豆はハッピーエンドを迎えられるか!? 少年の夢を現実にする、でもとってもリアルな青春ストーリーが、今、スタート!!(全25話)(wikipedia参照)
今回はここまで!次回の更新をお楽しみに(*^△^*)
2011-02-12

「バクマン。」について(*^△^*) 第2弾

おはようございますHOPEです\(^_^)/ 昨日の夜中はわけがあって書けませんでした(^.^)ご(-.-)め(__)ん(-。-)ね(^.^) なのでその代わり今日の朝に書きました(*^△^*) 今日は前書いた「バクマン。」についての続きを書きたいと思います!
あらすじ
舞台は埼玉県谷草市、中学3年生の真城最高(サイコー)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。そんな最高の叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家川口たろうであったが、連載打ち切りとなり、その後の過労により亡くなった過去があった。ある日、些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイトで原作家志望の高木秋人(シュージン)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。はじめは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片思いのクラスメイト亜豆美保と、「アニメ化したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことになる。二人三脚で苦労しながら完成した初めての作品を、偵察がてら乗り込んだジャンプ編集部に持ち込みをした二人は、敏腕の編集者 服部哲と出会い、漫画家としての資質を認められる。そんな二人の前に、同年代で型破りの天才プロ漫画家「新妻エイジ」が現れ、互いにライバルとして切磋琢磨することになるのであった。
声の出演
真城最高 - 阿部敦
高木秋人 - 日野聡
亜豆美保 - 早見沙
見吉香耶 - 矢作紗友里
新妻エイジ - 岡本信彦
福田真太 - 諏訪部順一
中井巧朗 - 志村知幸
蒼樹紅 - 川澄綾子
岩瀬愛子 - 藤村歩
石沢秀光 - 宮田幸季
KOOGY - 森久保祥太郎
服部哲 - 利根健太朗
服部雄二郎 - 野島裕史
相田聡一 - 風間勇刀
吉田幸司 - 子安武人
キム ソンギュ - 興津和幸
瓶子副編集長 - 川田紳司
佐々木編集長 - 堀内賢雄
川口たろう(真城信弘) - 浜田賢二
真城昌弘 - 宇垣秀成
真城二三男 - チョー
真城加代子 - 比嘉久美子
亜豆美雪 - 井上喜久子
亜豆美奈 - 日高里菜
スタッフ
原作 - 大場つぐみ、小畑健
監督 - カサヰケンイチ、秋田谷典昭
シリーズ構成 - 吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督 - 下谷智之
美術監督 - 柴田千佳子
色彩設計 - 店橋真弓
撮影監督 - 岩井和也
編集 - 後藤正浩
音響監督 - 渡辺淳
アニメーションプロデューサー - 松倉友二
アニメーション制作 - J.C.STAFF
制作統括 - 斉藤健治、野島正宏、根岸智也
制作 - NHKエンタープライズ
制作・著作 - NHK、小学館集英社プロダクション
主題歌
オープニングテーマ
「Blue Bird」(第1話 - 第13話は1番、第14話以降は2番の歌詞)
作詞・作曲 - 小渕健太郎 / 編曲・歌 - コブクロ
エンディングテーマ
「BAKUROCK ?未来の輪郭線?」(第1話 - 第13話)
作詞 - ryow inukami / 作曲 - mitsuyuki miyake,naoto suzuki,hiroto suzuki / 編曲 - hiroto suzuki / 歌 - YA-KYIM
「現実という名の怪物と戦う者たち」(第14話 - )
作詞・作曲・歌 - 高橋優 / 編曲 - 浅田信一
挿入歌
「超ヒーロー伝説」(第1話、第3話、第18話)
作詞・作曲 - カースィ・ケニーチェ / 編曲 - 鈴木マサキ / 歌 - 影山ヒロノブ
「GET UP」(第12話、第17話)
作詞・作曲 - HYDE / 編曲 - Ryo / 歌 - KOOGY(森久保祥太郎
「絶対☆少女主義!!」(第16話、第18話)
作詞 - こだまさおり / 作曲・編曲 - 佐々倉有吾 / 歌 - 聖ビジュアル女学院合唱部(starring 早見沙織と聖美女隊)(wikipedia参照)
今朝はここまで!続きは今日の夜中に書きます(*^△^*)
2011-02-09

「バクマン。」について(^_^) 第1弾

どうもHOPEです\(^_^)/ 今日は俺が好きなアニメ「バクマン。」についてです\(^_^)/ 2010年10月2日から毎週土曜日午後6時から絶賛放送中の「バクマン。」今年の秋には第2シリーズが放送されることが分かりました(*^△^*) 出演者についてです\(^_^)/
真城最高(ましろもりたか)
        ↓

高木秋人(たかぎあきと)
        ↓
        
亜豆美保(あずきみほ)
        ↓

見吉香耶(みよしかや)
        ↓

新妻エイジ(にいづまえいじ)
        ↓

服部哲(はっとりあきら)
        ↓

などなどいろいろなキャラクターがいます(*^△^*)
今日は眠いのでまた明日のこの続きを更新しますヾ(^v^)k see you again(~0~)ネムイ
ジオターゲティング

ジオターゲティング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
879位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
芸人
194位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

可愛いセクシーランジェリー通販 ベビードール テディ ビスチェ

かめれおん。

かたまり@ヘルシンキ

ここから。

Masuky起稿

夫に内緒のブログです(笑)

くまぶろぐぅ~

健康とAmazonと私。

NutronixRevolution Japanのビジネスと製品紹介です。

中途半端に生きてます。

しかかん

素直になろうよ。

keiとだちと青春と絆!d(・∀<)

ゆぽブログ

人気動画ブログ

ひまろぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。