--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-11

試合前の特別版(*^△^*)

こんばんはHOPEです\(^_^)/ 今日は「試合前の特別版(*^△^*)」と題してソフトテニスについて話したいと思います!

発生と歴史について
ローンテニスがイギリスで発生したのは1874年(明治7年)であり日本への伝播は早くて明治11年といわれるが諸説が存在する。表孟宏編による『テニスの源流を求めて』には数々の説が紹介されているが、どれが事実なのかは特定できていない。なかでは明治政府の招きで来日したリーランド博士がアメリカから用具をとりいれて、赴任校である体操伝習所(1879年創設)で教えたという説が一般に広く知られている。がこれとてそれを決定づける確たる証拠はないとされる(前書参照)。ただ遅くとも体操伝習所が廃校になる1886年頃にはゴムボールをつかったテニスが普及しつつあった。これはローンテニスのボールの国産が難しく、また輸入品も高価であったために、比較的安価であったゴムボールを代用した、と伝えられる。ゴムボールも当初は輸入品であったが、1900年に国産化に成功している。
1885年に坪井玄道・田中盛業編集による『戸外遊戯法』という本が出版されているが、これが日本語によるテニスのルールの最初のものとされる。
体操伝習所は廃校になったが、高等師範学校に体育専科がおかれ、『戸外遊戯法』の編者である坪井玄道が教師に赴任、テニスの指導をおこなう一方で、三田土ゴム(のちのアカエム)に委属してゴムボールを製造させ、普及に尽力した。
三田土ゴムは1890年(明治23年)に製造を開始。日本国産球が完成したのが1900年。1908年には特許を取得している。
。東京高等師範体育専科の卒業生は1887年頃から全国に教員として赴任していくが、ボールの国産化はそれと同時に進行していき、ゴムボールをつかったテニスは全国に普及していくこととなった。
1904年(明治37年)、東京高等師範学校(後の東京教育大 現筑波大)、東京高等商業学校(一橋大)、早稲田、慶応の4校の代表が集まりルールを制定。まだまだ不備な点が多々あったものの、これが日本人が制定したソフトテニスルールの最初のものとされる。これ以前は翻訳ルールをそのまま流用していた。(wikipedia参照)

ルールについて
1:試合に先立ってトスを行い、選択権を得たプレイヤーはサーブ・レシーブ、又はコートサイドを選び、もう一方のプレイヤーは残った方を選ぶ。
2:サーバーはコートより外側、(ベースライン中央にある)センターマークとサイドラインの仮想延長線の間から、ネットより向こう側、相手コートの対角線上のサービスエリアでバウンドするようにボールを打つ(ダブルスの場合、2ポイント毎にペア内でサーバーを交代する)。レシーバーはサーブされたボールが2回バウンドする前に相手コートに打ち返し、お互いにラリーを続ける。次のようなときに失点となる。
・打ったボールが審判に命中したとき
・相手コート内でボールに触れたとき(ネットオーバー)
・ラケットが手から離れてボールに当たったとき
・ボールがネットにかかったとき(ネットの裂目や隙間をすり抜けた場合を除き、ネットに触れた後に相手コートにバウンドするのは認められる。)
・プレー中に体かラケットがネットに触れたとき(ネットタッチ)(プレーヤーが身に着けていたものが地面に落ちる前に触れた場合も含む)
・プレー中に体かラケットが審判台、アンパイヤーに触れたとき(タッチ)
3:得点は、ゼロ、ワン、ツー…と数える。先に4点を取った方が1ゲームを取得する。ただし、ポイントが3-3になるとデュースとなり、その場合にゲームを得るには、相手に2点差をつける必要がある。デュースの後の数え方は、サーブ側がポイントを取るとアドバンテージ・サーバー、レシーブ側がポイントを取るとアドバンテージ・レシーバーとなる。カウントコールはサーバー側が先となる。2-2等両者の得点が同じ場合は、3-3以前までは「○○オール」と言う数え方をする。3-3以降は前記の通り。但し2回目のデュースでは「デュース アゲイン」と言うコールをする。
4:総ゲーム数の過半数ゲーム(5ゲームマッチなら3ゲーム、7ゲームマッチなら4ゲーム、9ゲームマッチなら5ゲーム)先取すると勝ちとなる。ゲームカウントが2-2(5ゲームマッチの第5ゲーム)3-3(7ゲームマッチの第7ゲーム)あるいは4-4(9ゲームマッチの第9ゲーム)になったときは、7ポイント先取のファイナルゲームを行う。ポイントが6-6の場合はデュースとなり、相手に2点差をつけると、そのマッチの勝者となる。偶数ポイント目の決着後にコートサイドやサーブ(サーバーペア)を交代する。(最初の2ポイントでサイドとサーブを交代し、以降4ポイント毎にサイド、2ポイント毎にサーブを交代)(wikipedia参照)

日本での現況
現在、日本においては約60万人の競技人口(登録者)と 推定700万人の愛好者がいるといわれる。しかしながら一般的にも愛好者の意識のなかでもマイナー感が極めて強いのもまた事実である。原因としては、オリンピック種目ではないこと、日本国内にプロ選手が存在しないこと、学校体育(中学、高校)が中心であると認識されていること、1980年代から急速に大衆化したローンテニス(硬式テニス)の影響等、が考えられる。

用具について

ラケット
棒状のグリップの先が輪になっており、そこ(フレーム)にストリングが張られている。長さ約70センチ前後、重さは200?320グラム程度。

(ちなみに俺が持っているラケットです\(^_^)/)

ボール
空気の入ったゴム製のボールを使用する。色は原則として白色又は黄色で、直径は6.6センチメートル、重さは30グラム?31グラム。コート内において、ボールの下端が1.5メートルの高さから落として、70?80センチメートルバウンドするもの。

(学校で使っているボールです*^△^*)

コート
コートのサーフェス(表面)は、屋外コートではクレー(土、含アンツーカー)、砂入り人工芝、ハード(全天候型ケミカル)等。屋内コートでは、木板(フローリング)、砂入り人工芝、硬質ラバー、ケミカル等がある。
ソフトテニスコートの規格について、日本ソフトテニス連盟は次のように定めている。

(テニスコートはこんな感じです∈^0^∋)

・縦23.77メートル、横10.97メートルの長方形とし、区画するラインの外側を境界とし、中央をネットポストで支えられたネットで二分する。(競技規則第5条)
・コートのラインは原則として白色で、幅は5センチメートル以上、6センチメートル以内。ただしベースラインの幅は5センチメートル以上、10センチメートル以内。(競技規則第7条)
・ネットポストの高さは1.07メートル(競技規則第10条)。ネットの高さは1.07メートル。これを張ったときの高さはサイドライン上から1.07メートルで、水平に張る。(競技規則第12条)(wikipedia参照)
じゃー今日はここまで!試合頑張ります(*^△^*)
スポンサーサイト
ジオターゲティング

ジオターゲティング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
お笑い
724位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
芸人
157位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

可愛いセクシーランジェリー通販 ベビードール テディ ビスチェ

かめれおん。

かたまり@ヘルシンキ

ここから。

Masuky起稿

夫に内緒のブログです(笑)

くまぶろぐぅ~

健康とAmazonと私。

NutronixRevolution Japanのビジネスと製品紹介です。

中途半端に生きてます。

しかかん

素直になろうよ。

keiとだちと青春と絆!d(・∀<)

ゆぽブログ

人気動画ブログ

ひまろぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。